スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の花粉


 春だけが花粉症の季節ではありません。

 10〜11月に空地や河原など、群生しているのがキク科の「セイタカアワダチソウ(セイタカアキノキリンソウ)」です。

 同じキク科の植物に、ブタクサやヨモギなどがあります。こちらは風で花粉を運ぶ風媒花のため、秋の花粉症の原因と考えられています。

 セイタカアワダチソウは虫媒花のため、原則的には花粉は飛ばさないとされています。

 ただし、ご存知のとおり空地や河原に「群れている」ことが多いため、花粉を吸い込むことによって花粉症を起こすとされています。
 
 花粉症の症状は鼻や眼にでることが多いのですが、頭痛や微熱、胃腸の調子が悪いなど、風邪と区別がつかないこともあります。

 クリニックにくる患者さんの中には、急性症状で首や腰の痛みを訴える方もいらっしゃいます。

「これといった原因が思い当たらない・・・」という場合、意外かもしれませんが原因は花粉のことも。

--------------------

 日本ではスギ・ヒノキ、アメリカではブタクサ(キク科)、ヨーロッパではイネ科、北欧ではシラカバ(カバノキ科)の花粉症が多いとされ、お国柄もあるらしい・・・

 現在、日本国民の15%以上が花粉症とも言われていますが表面的なもので、それ以上に花粉の影響を受けている方は多いのだろうと思います。

 環境が身体に及ぼす影響は、計り知れないものがあるようです。


スポンサーサイト

スタッフ紹介


 En Terrasseの前でのスナップ写真。

 携帯のカメラですが、意外に良くとれるものです。

 日光が左から差して、きれいに光がまわっています。

-------------------
 左から佐藤先生、増田先生、斉藤先生、桐井さんです。

 えっ?肖像権?!・・・

 ・・・

 顔がはっきりわからないくらい小さいので、勘弁していただく事にします。

 

 



 



 

デザート


「甘いものは別腹」とはよくいったものです。

 これは、視覚や嗅覚から「好物がある」という刺激が入力されることにより、胃の蠕動運動が活発に行われ、消化中の食物が腸へ送られ、空きスペースが確保されるからであるらしい・・・

-------------------
 写真はEn Terrasseの10点盛りデザート。
 メニューは10種類あり、「好きなだけ選んで下さい。」と言われました。

 確かに目は欲しがるのです。

 しかし私のお腹が「これ以上は勘弁してください!」というので、3つで断念。

 佐藤先生、斉藤先生、増田先生は10品目にチャレンジ。

 佐藤先生は速攻でペロリ。
 さすが、さとう(sugar)先生・・・

--------------------

 全員、コース料理をめでたく完走致しました。

「しばらくフランス料理はいいな・・・」くらい、お腹いっぱい。
 増田先生、ごちそうさまでした。


肉料理


 エゾシカ猟は今年は10月25日が解禁だそうで、翌年の2月までが狩猟可能な期間だそうです。

 現在、北海道におけるエゾシカの被害額は、30億円超。

 そこで、年間を通して駆除が行われているらしいのです。

 このためか(?)、今年は早くからエゾシカの肉が市場に出回っているのだそう。

 エゾシカの増加は人間によって食物連鎖の体系が変化したことが原因でしょうか・・・?!

--------------------

 さて、ジビエ(Gibier)はフランス語で、野生鳥獣の肉という意味。

 ですからジビエ料理とは、野生鳥獣の肉を使って調理された料理のこと。

 狩猟によってのみ捕獲され、人間の飼育下に置かれた事がないもののみを「ジビエ」としているのだそう。
 さらに獲ったその場で、血抜きや内臓をはずしたりして解体するのだとか・・・。

-------------------

 写真はEn Terrasseのエゾシカ肉料理。

 ジビエかどうかはわかりませんが、臭みもなく、おいしくいただきました。

--------------------

 メニューはデザートに続きます・・・

静岡県の魚


 静岡は南側がすべて海に面しております。

 このため、四季折々の魚料理が楽しめます。

 全国漁業協同組合連合会によると、静岡県の旬の魚は以下の14種類。

 1月:ブリ
 2月:サバ
 3月:マダイ
 4月:サクラエビ
 5月:カツオ
 6月:シラス
 7月:ウナギ
 8月:イカ
 9月:アジ
 10月:タチウオ
 11月:キンメダイ
 12月:カキ
 通年:マグロ、ニジマス

 特に、サクラエビは東京湾や相模湾にも生息するのですが、食用に漁獲されるのは駿河湾岸のみだそう。

 春になると天日干しにしたサクラエビを電車から眺めることができます。

 由比が産地として有名です。
 かき揚げもおいしいのですが、静岡を訪れたときには是非、生食にもトライして下さい。

--------------------

 写真はEn Terrasseの魚料理。

 こちらもおいしくいただきました。

--------------------

 メニューは肉料理に続きます・・・

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。