スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patisserie Naturelle Nature&Co.

 パティスリーナチュレナチュール。

 駿東郡清水町堂庭にあります。

 ダイヤマンゴーや紅ほっぺ(苺)など、伊豆の厳選食材をとりいれたスイーツ。

 目に鮮やかですが、とっても美味しいです。

--------------------

 シェフパティシエがTVチャンピオンのケーキ職人選手権で優勝したことで有名のようです。

 ぜひ一度食べてみてください。


 Patisserie Naturelle Nature&Co. 

 
スポンサーサイト

よなよなエール


 おすすめのビールです。

 三島ではあまり見かけないので、見つけるとついつい買ってしまいます。

 楽天のビールランキングでも常にトップクラス。

 エールビールは、酵母を常温で短時間に発酵させるため、独特な香りと味となります。

 「ビール=苦い」と感じる方も、このビールを飲むと驚くかもしれません。

 私的には、中瓶サイズがほしいところです。


 

大阪の赤字解消と静岡空港

 すごいですね。

 大阪府が11年ぶりに赤字を脱却するそうです。

 橋下徹知事、就任2年目の快挙。

 できるのかな?と思っていた職員給与を都道府県最低水準まで引き下げ。

 知事自らの基本給を30%、一般職員の基本給を3.5〜11.5%カット。

 退職金も知事で50%、一般職で5%カットだそう。

--------------------

 これに対して静岡といえば…。

 静岡空港は大丈夫なのでしょうか。

 2009年3月だった開港予定日は、6月4日に延期。

 これも、立ち木問題でどう転ぶかわかりません。

 収支はメディアによると、毎年赤字が確実視されています。

 見直しして、いざとなれば凍結という手段をとってもよいのでは…。

 民間会社による出資・運営のようですが、このご時世企業もいつ撤退するか、わかりません。

 「いざとなれば、税金でまかなう。」というのは、できれば勘弁していただきたいものです。

--------------------

 新幹線も乗り入れず、最寄り駅が東海道本線のJR金谷駅では、交通の便も良いとはいえません。

 残念ですが、私的には利用することはないかな〜?と思います。

 ↓脚注がサブウインドウになっていて、驚きました↓
  
 静岡空港「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」 


 




 

MRワクチン

 MRワクチンは、麻疹・風疹混合ワクチンのことです。

 通常、麻疹や風疹は一度かかると二度目はかからないといわれています。

 しかし抗体価が下がってしまった場合、再びかかる可能性があります。

 現に06年以降、修飾麻疹が増えているそうです。

----------------------

 ワクチン接種や母体からの移行抗体などにより得られた抗体が不十分で麻疹ウイルスに感染した場合、これを修飾麻疹といいます。

 通常より感染力は弱いものの、診断が付かず放置すれば症状が悪化したり、感染源となります。

 通常、麻疹や風疹は、一度感染したら免疫ができ、二度感染することはない(二度なし現象}とされてきました。

 しかし麻疹や風疹の流行が減少したため、ウイルスに接触し抗体価をあげる「ブースター効果」が得られなくなったことで、成人の麻疹が流行するようになったそうです。

 もちろん抗体価には個人差がありますから、すべての人が下がるわけではありません。

----------------------

 風疹ワクチンの抗体産生率は98%といわれています。

 ワクチンを打っても、100人に2人は免疫がつかない計算になります。

 抗体があるかどうかは抗体検査による判定が必要です。

 陰性であれば、学校や医療機関ではワクチン接種が推奨されます。

----------------------

 鶏卵やゼラチンに対してアレルギーがある場合は、ワクチン接種には注意が必要です。

 あらかじめ皮内検査を受けるなどして、安全性を確認しましょう。

 アナフィラキシーショックの既往があれば、ワクチン接種は避けるのが無難でしょう。

 接種前にかかりつけ医に十分相談しておきます。

 結局のところ、自分の健康を守ることができるのは自分です。


 

2月22日は猫の日


 2月22日は猫の日なのだそうです。

 猫の鳴き声の「にゃん・にゃん・にゃん」に読めるとか読めないとか…。

--------------------

 猫はしゃべれませんので、コミュニケーションは態度や鳴き声で推測するのが妥当のようです。

 例えば、しっぽ。

 ・しっぽをたててすり寄るのは、甘えているとき。
 ・小刻みにふるのは、おちつかないとき。
 ・しっぽが逆立つのは、おびえているとき。
 ・全身の毛が逆立つのは、相手を威嚇するとき。

 あと、横になっているときに呼ばれると、しっぽで返事します。

--------------------

 また、猫は高いところから落ちても、素晴らしい着地をみせます。

 猫の内耳が加速度を感じ取ると、自然と足が伸びるそう。

 このため、足から着地することができます。

 だからといって、猫をわざわざ高いところから落とさないでくださいね。

--------------------

 さすがの猫もビル5階の高さから落とすと、加速度を感じられなくなってしまうようです。

 そのかわり、手足を広げてムササビ化し、抵抗をつくるそう。

 高層ビルから落ちても、生きている猫が多いのは、こんな理由によるようです。


 

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。