スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺炎

 「カラダのキモチ」で、肺炎についての特集をやっていました。

----------

 日本における肺炎による死者は年間10万人以上で、死亡原因の第4位。

 肺炎の原因の多くは細菌。

 肺炎球菌・インフルエンザ菌・レジオネラ菌・クラミジア・マイコプラズマなどが該当します。

 風邪にかかると、線毛の動きが低下して細菌が肺に入りやすくなります。

 免疫力が低下し、細菌が肺で増殖すると肺炎となるわけです。

 原因菌を特定することで、抗生物質が有効に働きます。

----------

 最近多く見られる肺炎は

 ・マイコプラズマ肺炎
 ・インフルエンザウイルス肺炎

 インフルエンザウイルスは増殖力が強く、重症化することも。

 これからの季節、特に注意が必要でしょう。

 対策としては、ワクチンの接種。

 ワクチンを接種しておくことで、重症化を回避することができるようです。

 三島市で接種を受けるには、予防接種委託医療機関一覧表が参考になります。

 詳しくは、各医療機関にお問合せください。


 
スポンサーサイト

咳嗽(咳)の専門家

 クライアントさんが、年末に肺炎にかかりました。

 「咳が長引いて…」とのこと。

 咳嗽(咳)が長引く場合、風邪とはかぎらないので注意が必要です。

 3週間以上咳が続くのに検査で異常がない場合、呼吸器内科の専門医を受診するという選択肢があります。

 日本咳嗽研究会 咳嗽を専門とする医師 一覧表

----------

 「三島市は?」と探してみると、該当なし。

 う〜ん、なんとも残念です。

 一番近いのは、沼津の「あめみや内科」さん。

 (社)日本呼吸器学会の専門医一覧も検索の参考になるかも知れません。

 なお受診される場合は、事前に必ず医療機関にお問合せください。

 いつも情報が最新とは限りませんので…。


 

いっしょにいさせて

 本をいただきました。

 
いっしょにいさせて
Hiroji Kazuo
いのちのことば社フォレストブックス

このアイテムの詳細を見る


 「猫の写真+聖書の言葉」という取り合わせ。

 聖書に興味がないので、きっと自分では買わないはず。

 表紙の裏には、猫の顎を下からのショット。

 裏表紙の裏には、肉球のショット。

 (ぜひ、Amazon.co.jpの「なか見!検索」をクリックしてください。)

 そこには以下の言葉が。

----------

 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。
 わたしがあなたがたを休ませてあげます。
  (マタイの福音書 11章28節)

----------

 そっか〜!
 宇之助室長は、我が家のイエス様だったのか〜

 コタツでいびきをかく姿に、毎日癒されています。

 おかげで、明日もがんばれます。

 ありがたや、ありがたや


 

ヤマザキ学園大学

 三島エクスプレス(高速バス)で新宿に向かう途中、変わった建物を発見。

 

 ヤマザキ学園大学は、動物看護の大学。

 動物の足あとに、思わずパチリ

 とてもノッポなビルでした。


 

カランコエ

 カランコエが咲き始めました。

 

 オレンジ色の花びらが心を明るくしてくれます。


 

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。