スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅行記「9月27日(火)」

9月27日(火)【14日め】

今日も4時起き。

電車が6時発なので、4時すぎにホテルを発ちました。

…と、約10分でハリドワール駅に。

もうちょっと出発が遅くても良かったのでは…?

とも思ったのですが、乗り遅れると飛行機に間に合わない。

インドでは「思ったようには物事が運ばない」と思っておけば間違いありません。

何

真っ暗で良くわかりませんが、「シヴァ神」?

ハリドワールはヒンドゥ教の聖地。

「ハリ=神様」、「ドワール=入り口」。

駅のホームには、ごろごろと人が転がっています。

はじめはビックリしましたが、2週間で慣れたかも。

昨晩ご飯を抜いたせいか、次第にお腹が空いてきました。

我慢できそうにないので、途中でチャイの売り子さんを呼び止め、一杯。

1口飲んで…。

「あめ〜っ!!」(超甘いっ!)

昔飲んだ、ダイドーの缶コーヒーを思い出しました。

----------

定刻に列車が到着。

ここから約5時間かけて、ニューデリー駅に向かいます。

列車内では驚くほどの車内販売が。

早速、朝食を頼みます。

・カツレツ(?って聞こえました)とパン

・サンドウィッチ

インドのカツレツは「さつま揚げ?」といった不思議な感じ。

サンドウィッチはコールスロー。

食べた後は、みなさん睡眠タイム。

(-.-)〜zzz

----------

昼頃、ニューデリー駅に到着。

newdelhi.jpg

この駅はハリドワールと違って近代的。

日本からのヨガ・リトリート一行と遭遇しました。

皆さん、表情がキラキラ。

見ているこちらも嬉しくなりました。

----------

さて、インドで最後のご飯。

ということで、贅沢にホテルでランチ。

The Park New Delhi にバスで向かいます。

インドのホテルではテロ対策のため、空港のようにセキュリティーチェックが。

ほぇ〜っ!(@_@)

日本は安全ということなのでしょうか。

-----------

ランチはビュッフェスタイル。

好きなものを好きなだけ食べられます。

食べ切れないほどの種類にびっくり。

こんな品揃えは、日本でもそうそうお目にかかれません。

ディスプレイも味も、洗練されています。

(写真がないのが残念です。)

もちろんベジタリアンメニューも豊富。

ケーキもホールで10種類以上。

本当に目移りしてしまいます。

肉・魚も解禁ですが、お腹も心配なので、帰国するまで控えめにすることに。

食後、インドに来て初めてのドリップコーヒー。

外(シャバ)に出て、ほっとした気分です。

---------

食後は歩いてチベタンマーケットに。

両替した分は使いきろうと決めて、散策開始。

リピーターの方の値切り交渉を真似てみます。

----------

インドの本屋さんはほとんどが「キオスク」のような形態。

店員さんに出してもらうので、閲覧して購入はできません。

普通の本屋さんを見つけて入ることに。

「バガヴァッド・ギーター」を見せてもらいます。

ギーター

店員さんおすすめの「バガヴァッド・ギーター」を1冊購入。

----------

空港に向かうバスの中で、グルプリャナンダジに教わったマントラを唄います。

Tvameva Maataa, Cha Pitaa Tvameva
Tvameva Bandhuscha Sakhaa Tvameva
Tvameva Vidyaa Dravinam Tvameva
Tvameva Sarvam Mama Deva Deva

神様を讃えるための歌です。

主よ、あなたは母であり、父であり、友人です。

あなたは知識、強さ、豊かさの源です。

あなたは神の中の神です。

----------

空港に到着し、ここでお世話になった自然さんとグルプリャナンダジとお別れ。

お二人には、またどこかでお会いできる気がします。

「明日は日本だ〜!」

と思うと、帰ったら何を食べようか考えてしまいます。


o(´∀`)o
スポンサーサイト

10/17のツイートまとめ

chirouno

インド旅行記「9月25日(日)」 http://t.co/QHIkUFcB
10-17 09:22

インド旅行記「9月24日(土)」 http://t.co/D2BhW57R
10-17 09:21

インド旅行記「9月26日(月)」

9月26日(月)【13日め】

朝、5時にアシュラムを出発。

ということで、朝4時に起床。

荷物をまとめます。

来た時と同じく、30リットルのバックパック1個とショルダーバッグ1個。

出かける前に、恒例のティータイム。

搾りたての牛乳で作った美味しいチャイを飲むのも、最後となります。

ヘナペイントをしてくれた高校生が、見送ってくれました。

----------

行きと同様、8時間の道のり。

途中、ヒマラヤ山脈が見えました。

20110926_1.jpg

はじめは元気だったのですが、次第に無口に。

半数が車酔いでダウン。

インドの人達の運転は、とても大胆です。

カーブになると速度をあげているんじゃないか?と疑いたくなります。

でも、おかげで約7時間でハリドワールに到着。

ホテルにチェックインし、少し休憩。

----------

2階のパティオの芝生の上に、何か一杯広がっています。

「ん?」

よく見ると、バスタオルが干してあります。

インドではよくある風景のようです。

「だから、部屋のバスタオルが湿気っぽいのか〜!」

なんだか納得してしまいました。

----------

昼過ぎ、やっとまともな食事です。

久々にサンドウィッチとアイスクリームを食べて、大満足。

その後、町にショッピングへ。

20110926_2.jpg

とても大きい菩提樹(ガジュマル)の木。

「ハリドワール=浅草っぽい」という言葉に納得です。

とても活気にあふれています。

礼拝グッズを扱っているお店の多いこと。

「何か買わなくちゃ!」とストールを500ルピー(約1000円)で購入。

値段の感覚がわからなくなってきました。

----------

夕方からアラティ(夕拝)に参加。

ガンジス川の川沿いに礼拝者が続々集まります。

20110926_3.jpg

あっという間に、びっしり。

20110926_4.jpg

アラティは毎夕の日課。

全国から礼拝者が集まるようです。

これが毎日?

やっぱり、インドって凄いっ!

----------

アラティが終わり、お店をブラブラしながら帰ります。

「町のホテルの水は飲んではいけません。」

といわれたので、ペットボトルを購入。

久々に冷たいお水で、生き返ります。

そんなにお腹も空いていなかったので、夕飯はリンゴ。

また明日は4時起きです。


(@_@)φ

インド旅行記「9月25日(日)」

9月25日(日)【12日め】

明日は朝早くウッタルカシを出発します。

先日、アーナンダジから「明日は地元の町を散策しましょう。」という提案をいただきました。

瞑想後、久々に靴を履き、お出かけ。

6時30分に出発した私達を追いかけるように、朝日が差します。

20110925_3.jpg

充分暑いのですが、田んぼはもう秋。

20110925_4.jpg

稲の刈り入れは終わっていました。

脱穀は、足で行います。

20110925_5.jpg

木につかまりながら、両足の裏を器用に使って、穂を揉みます。

男性より女性の方が上手にみえました。

20110925_1.jpg

水車で動かす石臼も、インドでは現役バリバリです。

----------

インドの牛は、皆とてもスマートです。

20110925_2.jpg

牛舎も広く、散歩もします。

表情が豊かで、今にも喋り出しそうです。

----------

帰ってきて、入り口を撮りました。

20110925_6.jpg

こちらのアシュラムは、病院も併設しています。

10日間過ごしましたが、水でお腹が下るということもありませんでした。

水道には地下からの沸き水を利用しています。

シャワーや歯磨きなども、問題なし。

(水やお湯が出ないことはありましたがね〜。^^;)

食堂には浄水器も設置されており、飲料水はそちらを利用できます。

----------

明日は朝早いので、午後から「お別れの会」を開いていただきました。

今回の感想を一人ずつ順番に発表。

話している最中に泣いてしまった私に、プレマナンダジのお言葉。

「人生に必要なのは、『笑顔』&『笑い』&『ジョーク』!」

本当ですね。

胸に刻んでおきます。

----------

この会の後、プレマナンダジに会ったら、私の泣き真似をニコニコ顔でしてくれました。

怒ったふりをしたら、お腹を触らせてくれました。

見たところ、おなか周りは豊かなはずのですが、触ってみると何もない…???

「腹(裏)がない」ってことなのでしょうか。

この方の屈託の無い子供のような笑顔に、何度癒されたことでしょう。

(-人-)〜☆☆☆

----------

最後の夜、サットサンガに来ていた高校生が3人でヘナペイントをしてくれました。

20110925_8.jpg

片言の英語で会話します。

示指から手首に伸びているのは「植物」。

「丸いのは何?」と聞くと、「お菓子〜!」と言って大笑いされました。

なぜお菓子を描いてくれたのか…?

疑問は残りつつも就寝。

ヘナが乾くまで我慢するように伝えられたので、左手をベットの外に出して寝ます。

消えるまでに2週間くらいかかるそうです。

荷物にならないお土産に、感謝!感謝!!


(-.-)〜zzz

10/14のツイートまとめ

chirouno

インド旅行記「9月23日(金)」 http://t.co/IBS521Iq
10-14 08:01

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。