スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラペーズラインと僧帽筋

 たまたま、NHKの朝ドラを見ていると…。

 「トラペーズライン」という言葉が頭に引っかかりました。

 「どこかで聞いたような…?!」

 と思っていたら、僧帽筋(trapezius)でした。

----------

 トラペーズはフランス語で台形の意味。

 イヴ・サンローランがディオールのコレクションで発表。

 肩から裾に広がる、ゆったりとした台形のシルエットが特徴です。

 英語では、”trapeze” となります。

----------

 僧帽筋は背中の筋肉。

 修道僧の帽子(フード型)に似ているというのが、和名の由来。

 英名は「台形」に由来し、首〜左右の肩〜第12胸椎を結んでできる形から命名。

 名前をつけるというのが、いかに大変だったかと思うと、命名された方への感謝の念がわきます。

----------

 私的には、台形というより菱形に見えますが、「菱形筋」は別にあります。

 学生のころは、筋肉や骨の名前を覚えましたが…。

 使わないと英名などは忘れてしまいますね。

 困ったものです。(^^;)


 chotto boke mo haitterunoka? φ(@_@)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。