スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症のおかげで…。

 今の時期、アレルギーといえば「花粉症」ですね。

 私自身ひどい花粉症で、いろいろ試しました。

----------

 はじめは薬。

 飲み薬、目薬、点鼻薬。

 これがまた、効果がほとんどありませんでした。

 (今は副作用が少なく、良く効く薬がでているそうですね。)

----------

 次に、鼻の粘膜を焼いて…。

 これはなかなか、効きました。

 が…。

 人工的に火傷をつくるわけですから、1週間鼻血が続きました。(;_;)

----------

 お次が、NAET。

 当時は増田裕D.C.がお元気で、「花粉ミックス」という項目で施術をしていただきました。

 「ん!これで大丈夫!!」

 という気合をいただいたせいか、症状も軽減。

 私自身、昨年までNAETの公認施術者で、花粉症に対する自己治療もやってきました。

 しかし、花粉症が完全に消えることはありませんでした。

----------

 アレルギー反応については、以前から疑問に思っていたことがありました。

 「多重人格障害の患者では、ある特定の人格のみでアレルギー反応が観られることがあり、それは人格が変わると瞬時に改善する。」

 といった内容だったように記憶しています。(確かダニエル・キイスの本だったかな?)

 「これは、何を意味しているのだろう?」と。

 先日受けたセミナーの中で、今の時点で納得できる答えが見つかりました。

 まさに、目からウロコでした。

----------  

 人間には基本的に主人格と副人格(サブパーソナリティ)を持ちます。

 これは対人関係におけるマスクとなります。

 一般的にサブパーソナリティーは潜在意識に形成される反応、価値感、性格、行動などをさします。

 家庭内においては、

 ・母親に対して
 ・父親に対して
 ・兄弟に対して
  
 社会においては、

 ・社会人として
 ・企業人として
 ・学生として
 ・人間として

 数え上げればきりがありません。

 私達は通常、スムーズに意識することなく、サブパーソナリティーを切り替えます。

 しかし、サブパーソナリティーの切り替えが上手くいかず、分離することがあります。

 これが、解離性同一性障害(多重人格)にあたります。

 そして、なんとサブパーソナリティーは

 「生化学的組成をも伴っている」

 のだそうです。

 つまり「サブパーソナリティーが入れ替われば、体の中で作られる物質が変化する。」わけです。

 ですから、アレルギー反応に限らず、身体の不調が出る原因は、ここにある…?

----------

 最終的には、すべてのサブパーソナリティーを統合すること。

 これが、本来の自分を取り戻すことにつながるそうです。

 あれ?

 そういえば「統合」って、私の今年の目標だった。

 ということは、いよいよ花粉症から卒業〜?!

 結果は来年のお楽しみです。(^^)/~

----------

 私にとって今まで経験したこと全て、潜在意識にアプローチするための大切なツールでした。

 カイロプラクティック、アクティベータヨガBodyTalkNAETマトリックス・エナジェティクスセレナイト光の剣、etc…。

 明日からまた勉強が始まります。

 今まで見えなかった・分からなかった部分が、ついに統合されていく予感がします。

 学ぶ場を与えてくれた室長、旦那様、クライアント様、花粉症など、すべてに感謝・感謝!

 少々長丁場になりそうですが、楽しく前向きに行きますよ〜!!


 poco a poco (-人-)〜☆
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。