スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッグ・ラグ

 先日、テレビを見ていたらドラッグ・ラグ(drug lag)の特集を行っていました。

 ドラッグ・ラグは海外で使用されている医薬品を国内で使用するまでにかかる時間差のこと。

 承認には早くても1年以上、長いものでは10年かかる場合もあるそうです。

 このため、最新の治療薬の使用を希望する場合には、個人で並行輸入を行いますが、当然自己負担となります。

 この費用は非常に高額。

 厚生労働省も改善策を検討しているようですが、難治性の疾病患者に必要なのは今。

--------------------

 ただし、認可を早くすれば良いという訳ではないのが難点のようです。

 例えば、イレッサという肺がんの抗がん剤。

 イレッサは2002年の7月、申請からわずか5ヶ月という画期的なスピードで承認されたそうです。

 錠剤タイプのため、入院せずに通院で簡単に服用でき、副作用が少なく効果も高いとされていました。

 しかし・・・

 ガン細胞を抑制するのですから、当然、正常な組織にも影響します。

 どんな薬にも副作用は必ずあるのです。

--------------------

 患者は治療においてリスクを背負います。

 そのリスクを回避するためには、自らの努力が必要です。

 近年はホームページから簡単に情報を得られる環境が整備されつつあります。

 「独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA:Pharmaceuticals and Medical Devices Agency」は、医薬品・医療機器の健康被害救済や承認審査・安全対策を通じて、国民保健の向上に貢献することを目的とした機構です。

 薬事法に基づく医薬品や医療機器などの承認審査状況などを確認することができます。

 ↓
 医薬品医療機器情報提供ホームページ

 興味のある方はチェックしてみてください。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。