スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットロス症候群

 ペットを飼わない理由として多いのが「死んだ時が辛いから。」

--------------------

 ペットを失うと、様々な心身の症状が起こる場合があります。

 ペットロス症候群とは、ペットの死が引き金になって発症した症状をいいます。

 精神症状に身体症状を伴う場合も少なくありません。

 主な症状としては・・・

  ・うつ病
  ・不眠
  ・情緒不安定
  ・摂食障害
  ・心身症

 などがあるそうです。

 1ヶ月以上不調が続く場合には、心療内科や精神科など専門医の受診も検討した方がよいとされています。

 ペットの寿命は飼い主よりも短いのが通常です。

 「別れ」は必ずやってきます。

--------------------

 飼っているペットにアレルギーがある場合、ペットに依存する傾向が強くなることがあります。

 アレルギーは経絡の流れをストップし、様々な症状を生み出します。

 NAETは、経絡の流れを正常化する手助けをします。

--------------------

 ペットには少しでも長生きしてほしいものです・・・


 




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。