スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新五月病

 五月病は、大学の新入生や新入社員などに見られる、新しい環境に適応出来ない事に起因する精神的な症状の総称をいいます。

 4月は新しい環境への期待や緊張感があり、やる気が持続します。

 しかし徐々に環境に適応できなくなり、5月の連休明け位から症状が出てくることが多いので、「五月病」の名前がついたそう。

 英語では "freshmen's syndrome" 直訳で "新人症候群" ・・・でしょうか。

 そして最近では、新入社員が研修を終えて職場に配属された後、6月頃に出る精神的な症状を「新五月病」または「六月病」といいます。

--------------------

 五月病・六月病は通称で、医学的には「適応障害」にあたるのだそう。

 環境の変化や人間関係、理想と現実のギャップなどに対して上手く適応が出来ない状態を指します。

 症状も、やる気や食欲が出ないといったものから、頭痛や不眠症などまで様々。

 予防としては、

 1.スポーツや趣味などで気分転換をする。
 2.規則正しい生活をする。
 3.新しい目標を設定する。
 4.学校や会社の健康管理センターなどに相談する。
 5.医療機関を受診する。

 などがあげられます。

 長引くと、うつ病へ移行することもあるので、注意が必要です。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。