スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間質性膀胱炎

 昨年から「間質性膀胱炎」のご相談を数件受けました。

 排泄は生理的欲求ですから、発症した時のストレスは大変なものと思われます。

 調べてみると、こちらのHPの内容が大変わかりやすく、参考になりました。

 「NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会」

 「間質性膀胱炎(IC)」は、最近CMでも取り上げられている「過活動膀胱症候群(OAB)」と関連があります。

 両者とも「頻尿・尿意切迫症候群(frequency-urgency syndrome)」に含まれます。

 頻尿(1日8回以上)、尿意切迫感、膀胱充満時の痛みや不快感などが主な症状。

----------

 原因が主に尿路上皮異常にあれば「間質性膀胱炎」、膀胱平滑筋にあれば「過活動膀胱症候群」に分類されます。

 間質性膀胱炎と診断するには、特殊な検査が必要。

 以下の病院で、診断ができるようです。

 【間質性膀胱炎の診断ができる主な病院リスト】

 静岡県内には…。

 残念ながら、浜松医大しかありませんでした。(;_;)

----------

 発症の機序は不明であり、いまだ有効な治療法も見つかっていません。

 が、自己免疫力の低下が関連しているのは間違いないでしょう。

 やはり、日頃からの健康管理が重要となります。

 ぜひ、カイロプラクティックやボディートークをご活用くださいませ。


 (-人-)~☆
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。