スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九鍼臨床フォーラム2013

 九鍼臨床フォーラム2013に参加させていただきました。

 IMG_3180.jpg

 東京九鍼研究会ホームページ

 施術法は違えども、本質的に参考になることが多く、眼から鱗の内容でした。

 鍼といえば、通常は「毫鍼(ごうしん)」を指すのだそう。

 鍼のバリエーションがこんなにあるとは思いませんでした。

 古代九鍼(Wikipedia)

 鍼治療で重要なのは「気の流れとバランス」だそう。

----------

 「ん?」

 「流れとバランス?」

 キャッシュ・フローとバランスシートという言葉が浮かびます。

 いけませんね。φ(@_@)

 時節柄、青色申告のことを思い出してしまいました。

 さて…。

 何に対してアプローチするかで、施術法が変わってきます。

 ので、カイロプラクティックの場合は「主に筋骨格系を通して神経系の流れとバランスを整える」ということになりますでしょうか。
 
----------

 鍼治療は結構受けたことがありますが、施術を間近で見る機会はなかなかありません。

 浦山久嗣先生や福島哲也先生の実技供覧には、目が丸くなりました。

 主催の東京九鍼研究会では、鍼灸師の方を対象とした研究会の開催はもちろん、一般の方も受講可能なコースも企画されています。

 代表の石原克己先生のお話は、施術法を枠を超えて真理の部分もあり、とても心に残りました。

 機会があればまた参加させていただきたいと思います。

 お世話になった方々に、感謝・感謝!


 (-人-)〜☆

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。