スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療の最前線

 フジテレビのスーパーニュースで、不妊治療の最前線の特集をみました。

 Wikipediaによれば、

 日本においては、妊娠を望んでいるカップルの約10%が不妊症であるとされている。
 なお、男性側に問題があるケースが約40%、女性側に問題があるケースが40%、両性に問題があるケースが15%、原因不明な場合が5%あるとされている。

 とあります。

 かなり身近な問題になってきました。

----------

 女性が妊娠するには実年齢ではなく、卵巣年齢が重要になるそう。

 それを判定するのが、AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査。

 卵巣内にある、卵子に成長する卵胞の残数を予測します。

 ただし最終的には、卵子の数よりも質の方が重要。

 1個でも質の良い卵子が採取できれば、妊娠するチャンスはあるそうです。

----------

 個人差はありますが、妊娠の限界は35〜45歳。

 不妊治療を受けている方のインタビューを見ると、胸が痛みます。

 中でも「もっと早く治療をはじめていれば、妊娠できたのに…」というケース。

 将来的に子供を望む場合、念のため不妊症の検査を受けておくことが望ましいかもしれません。

----------

 ↓取材先のホームページはこちらから。↓

 ・おち夢クリニック名古屋

 ・聖マリアンナ医科大学病院 生殖医療センター

 1人で悩むよりも、相談することで解決する場合があります。

 選択肢が増えることで、少しでも多くの方が自分に合った治療法が選択できますように…。
 

 (-人-)〜☆
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。