スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーフレッシュ

 喫茶店に行くと、「お砂糖とミルクはいかがいたしますか?」と聞かれます。

 よく出てくるのは、小さなプラスティックの容器に入った、ポーションタイプのクリーム。

 私はブラックなので使いませんが … 。

--------------------

 常温で置いておけるように開発されたのが、コーヒーフレッシュ。

 1970年代に生クリームの代用として開発されたそうです。

 メーカーにもよりますが、材料は以下のようになっています。

 ・植物油脂
 ・カゼインナトリウム
 ・加工デンプン
 ・グリセリン脂肪酸エステル
 ・pH調整剤(クエン酸、クエン酸ナトリウム)
 ・カラメル色素
 ・香料

 え?

 という感じです。

 牛乳・生クリームの表示はないのです。

 確かにカゼインは牛乳に含まれるタンパク質。

 ですが、酸で処理して採取する加工品です。

 紅茶に含まれる「ポリフェノール」は動脈硬化の予防効果があるとされているそうですが、カゼインはこの効果を阻害してしまうのだという研究結果もあるようで … 。

 コーヒーも紅茶もストレートがおすすめかも知れません。

 もちろん、飲み過ぎはNGですよ。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。