スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさ脳

増田先生の読書量は本当に半端ではありません。

読みたい本はとりあえず買うのだそうです。

自宅の図書室(?)の机上には買って読んでいない本が山積みになっています。

「積読(つんどく)も読書のうち。」とのこと。

私はこれを密かに「増田文庫」と名付けています。

----------------------------------------

増田カイロの待合室には、「読書コーナー」があります。

これも増田文庫の一部です。

最近、本が増えすぎて、バックヤードにも「積読」があります。

今日はその中の本から

「医者以前の健康の常識2 平石貴久(著) 講談社」

の紹介を・・・

----------------------------------------

「うさ脳」といっても、の脳ではありません。

利き脳のチェック法だそうです。

(1)指を組む=理解
  (a)左親指が下:さ
  (b)右親指が下:う
(2)腕を組み=表現
  (a)左腕が下 :さ
  (b)右腕が下 :う

(3)(1)と(2)の結果より以下に分類される

  (a)ささ脳=まじめで几帳面
     →言葉や文章で論理的に理解し、表現するのが得意。思索家タイプ。

  (b)さう脳=世話好きでおおらか
     →物事を論理的に理解するが、表現は芸術的で個性的。直感の人。

  (c)うう脳=楽天的でマイペース
     →直感的に理解し、表現する。芸術家タイプ。

  (d)うさ脳=個性豊かで負けず嫌い
     →物事の本質を理解して、論理的に表現する。アイデアマン。

----------------------------------------

脳の癖からみた分類だそうですから、知っておくのもよいかも知れませんね。

あなたの脳タイプはどれでしょうか?

ちなみに、「うさ脳」で検索すると、図入りのHPもヒットしました。

興味のある方は検索してみてください。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うさ脳

報告します。
 娘うう 母ささ であります♪
似ているようで全然似ていない、我ら親子
しかし合っているのでしょうか。

コメント有難うございました。

コメント有難うございました。


母様が「ささ脳」ですか。
いつも痛みの部位を的確に表現していただき、助かっております。

ぶんの字様が「うう脳」というのも、痛みの原因を直感的に理解しているという点で、私的には納得しております。

ちなみに、増田カイロでは

1)指を組む=理解
  (a)左親指が下:左脳優先
     (斉藤先生、佐藤先生、佐野)
  (b)右親指が下:右脳優先
     (増田先生、桐井さん)

という結果でした。

増田先生と桐井さんの直感は鋭いということになります。


Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。