スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡瓜の佃煮


 増田カイロの患者様より教わった胡瓜の佃煮のレシピです。

 胡瓜の旬は6〜8月。

 箱単位で買ったり、いただいたりすると意外と困るのが胡瓜。

--------------------

 胡瓜は利尿効果の高い「イソクエルシトリン」という成分を含んでいるそうです。

 このためむくみを取る効果があるとされています。

 その他、抗ガン作用、降圧作用などもあるそう。

 90%以上が水分のため、生で食べれば熱冷しや炎症にも効果があるとされています。

 ただし、ビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、他の野菜や果物と一緒にジュースにするのNG。

 この酵素は酢や50℃以上の過熱で分解しますから、酢の物は理にかなっているようです。

 炒め物や煮物もOK。

 といっても …。

 というときに、いかがでしょうか?

 冷凍庫にも保存でき、1年ぐらいもつそうですよ。

--------------------

【キュウリの佃煮】

 [材料] 
 ・きゅうり:1.5Kg
 ・酢   :100cc
 ・しょうゆ:100cc
 ・砂糖  :50〜100g
 ・みりん :大さじ1〜2杯
 ・豆板醤 :小さじ1杯
 ・生姜  :1かけ
 ・塩昆布 :1/2袋
 (ふじっ子など)

 [作り方]
 1.きゅうりは薄く切って塩を振り2〜3時間置く
 2.水洗いして塩出しし、絞って水気を切る
 3.きゅうりと酢、しょうゆ、砂糖、みりん、豆板醤を鍋に入れ、汁気がなくなるまで強火で煮る。
 4.小さく刻んだ生姜と塩昆布を入れる。
 5.さらに煮詰める。

 [備考]
 ・きゅうりは、煮詰めた時小さくなってしまいます。
  少し大きめに育てたのを使うとよいそうです。

--------------------

 スイカの皮などにも応用ができそうです。

 増田カイロでも大好評。

 ぜひお試しください。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

おい! おい! きゅうりまで佃煮にして食っちまうのか????

意外に…

意外ですが、美味しいですよ。

ぜひ奥様に作ってもらってください。

保存できるのが◎です。

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。