スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回カイロプラクティック徒手医学会

 2007年9月8日(土)

「日本カイロプラクティック徒手医学会 第9回浜松学術大会」に参加させていただきました。

 テーマは「歩行と運動 −カイロプラクティックにおける全体性と内在秩序」

 増田先生と斉藤先生、お休みをいただき有り難うございました。

 私は一般講演に参加させていただき、「体性求心性信号に対するカイロプラクティック手技の効果」ということで発表させていただきました。

 しかし準備不足は否めず、直前にかなり緊張。

 感情のマッサージをしてから発表に臨みました。
 時間内に発表を終えるのに手一杯で、質疑応答に頭が白くなったような・・・
「とりあえず終わりました」といった感じです。

 大会は進行もスムーズで、大会長および関係者の方々が1年半前から準備をしていただいたお陰だと思いました。

 私は1日しか参加できませんでしたが、基調講演・特別講演ともに興味深い内容でした。

 内容については、また日を改めてupしていきたいと考えております。
 一般の方にもカイロプラクティックの効果を知っていただき、ヘルスケアに役立てていただければと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。