スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣類のチェック

 衣類が身体に意外な影響を与えている場合があります。

 ぜひ自分でチェックしてみてください。

 参照: アレルゲンの自己検査法 


 肌が直接ふれる内側の素材を確認します。

  ・洋服のタグ(ブランドやサイズ・お手入れ方法などが記載されています)
  ・ブラジャーのワイヤーやパッド
  ・ワイシャツの襟
  ・補整下着やガードル
  ・色(特に黒)

 などをチェックしてみましょう。

 とくに洋服のタグには、加工にホルムアルデヒドが使われているものもあるようです。

 チェックしてもよくわからない場合は、取り除いた方が安心です。

 敏感な方の場合、「はずしたら、首のあたりがなんだかスッキリした」ということもあります。

 縫い込まれている場合もありますので、布を切らないよう、丁寧にゆっくり取り除いてください。

 ちなみに私は、クローバーのリッパーを使っています。

 下記のサイトで、”リッパー”とキーワード入力してみてください。

 クローバー検索サイト 

 糸切りに最適です。

 はさみで取り除くのが難しいときは、一度お試し下さい。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。