スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人と子供

 大人にとって身体に良い食べ物が、子供にとっても良いとは限らないようです。

--------------------

 ・ポリフェノール(チョコレートなど)

  →大人には生活習慣病・老化の防止に効果ありとされています。
   活性酸素を除去する作用を持っています。
   

  →子どもは食べ過ぎに注意します。
   脳機能に重要な鉄や亜鉛などの腸からの吸収を阻害します。
   

--------------------

 ・サリチル酸(カレーなど)

  →大人にはアルツハイマー・心臓血管病・大腸癌の予防効果が期待。

  →子どもにはサリチル酸アレルギーの可能性が。
   アメリカでは、サリチル酸を除いた食品を売っているようです。

--------------------

 ・アルカロイド(スパイスなど)

  →ナス科、マメ科、ユリ科、セリ科、コショウ科などに含まれます。
   刺激性が高く、即時型や遅延型アレルギーの原因ともなります。
   花粉に対する交差反応も起こるとされています。


 などなど…。

 言い出すときりがないのですが、現在は共働きの家庭も多いので、食事に気を配るのはなかなか難しいのが実情。

--------------------

 個人差はありますが第二次性徴が終わるまでを子供とすると、男性は11〜12歳、女性は9〜10歳。

 ですから子供の身体ができあがる小学生のうちは、特に食べ物には注意を払うのが望ましいようです。


 


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。