スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボジョレー・ヌーヴォー


 今年は11月20日がボジョレー・ヌヴォーの解禁日でした。

 ボジョレー・ヌヴォーは赤ワインの新酒。

 もともと、ブドウの出来栄えをチェックすることが主な目的だそう。

--------------------

 伝統的なワインの製法は、ブドウの果実についた天然の酵母を利用するそうで、葡萄の果実を潰して発酵させます。

 現在では、生産を安定するために培養した酵母を添加するようです。

--------------------

 これに対して、ボジョレー・ヌーヴォーの場合は「マセラシオン・カルボニック」という製法を使うそうで…。

 果実を潰さずステンレスのタンクに上からどんどん放り込み、下のほうの葡萄が自然に潰れて発酵開始。

 発酵が始まると炭酸ガスが発生し、短期間にマセラシオン(果汁と果皮が接触し、赤ワイン独特の色やタンニンが抽出されること)が進みます。

 この製法で造ったワインは色が濃く、渋みや苦みも通常のワインに比べて少ないのが特徴。

 軽い飲み口ですが、長期保存には不向きなので、早めに飲みきってしまうのが正解。

--------------------

 とはいえ、1ケース(6本入り)がもう終わってしまいました。

 残念…。


 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。