スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻酔薬

 8月24日「マイケル・ジャクソンの死因は、致死量の麻酔剤投与による」と発表されました。

 睡眠薬の代わりに、日常的に麻酔薬を使用していたとのこと。

 点滴投与されたのはプロポフォール(ディプリバン)。

 全身麻酔の導入・維持に使う麻酔薬。

--------------------

 大学の授業で、麻酔について記憶しているのは、

 「全身麻酔の作用機序はいまだ不明である」

 という点。

 確か、トリビアの泉などにもとりあげられていましたっけ。

 全身麻酔は意識が消失した状態。

 当然、患者は苦痛を訴えることができません。

 このため医師のモニターが必要不可欠となります。

 マイケルの専属医は約2分間席を離れ、その間にマイケルの呼吸が停止…。

--------------------

 マイケルの死はとても残念です。

 おそらく医師の責任問題も問われるでしょう。

 ただ睡眠障害に日々麻酔薬が必要なほど、体調が悪かったというのがとても悲しい…。


 ラックをのぞくと、我が家にも昔のCDが3枚ありました。

 久々に聴いてみようと思います。


 

バッド

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

このアイテムの詳細を見る


ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1

エピックレコードジャパン

このアイテムの詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。