スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライアイとアイラインの関係

 今朝(9月8日)、めざましテレビを見ていると…。

 「ココ調」(ここまで調べました)というコーナーに釘付け。

 ドライアイとアイラインの関係性についてのレポートでした。

--------------------

 ドライアイは目の疾患の1つ。

 ウィキペディア(Wikipedia)によれば

 「涙の量が少なくなったり、成分が変化する事により、眼球の表面が乾燥し、傷や障害が生じる病気」とされています。

 一般的に、オフィスでパソコン作業が多く、ソフトコンタクトを使っている場合は、ドライアイになる確率が高いようです。

--------------------

 で、アイライン。

 最近は「目力」という言葉が目立ちます。 

 アイラインは目の際ぎりぎりに引く女性も多いようですが…。

 実はこれは間違いだそう。

--------------------

 まぶたの縁にはマイボーム腺という皮脂腺があります。

 ここから分泌された油分が瞳全体をカバーして、ドライアイを防止しています。

 ですからマイボーム腺をアイライナーやファンデーションで覆ってしまうと、ドライアイになりやすいというわけです。

 簡単にできる対策は、化粧をしっかり落とすこと。

 でも疲れていたりすると、時間をかけてきっちり落とすのは難しい。

 逆に油分を落としすぎて、乾燥肌からお肌のトラブル…なんてことも。

 女性は大変です。

 もちろんNAETの視点からみれば、化粧品にアレルギーがある場合も…。

 購入するときは、「アレルゲンの自己検査法」も試してみて下さいね。

--------------------

 上品なアイラインの描き方は、まつげの際 or まつげの中にラインを入れるとよいようです。

 なんと、0.1mmの世界!

 アイペンシルやシャドウやマスカラ…。

 私はすっかり疎遠になってしまいました。

 細かい作業は、どうも性に合わないようです。


 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。