スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深視力

 運転免許の更新にいってきました。

 不安の種は深視力検査。

--------------------

 深視力検査は、「三桿(さんかん)試験」という方法を使用します。

 3本の棒のうち、真ん中の1本が前後に移動し、3本が並んだと感じたときにボタンを押します。

 3回の試行で、ズレの合計が60mm未満の場合に合格というもの。

 私の場合、

 1回目:2mm
 2回目:20mm
 3回目:8mm

 の計30mmで、無事合格。

--------------------

 人が物を見るとき、2つの眼を使います。

 両目からの刺激は脳で1つに統合されます。

 このとき起こる「融像」と「立体視」を両眼視機能といいます。

 融像は、右眼と左眼それぞれの網膜に映った像を1つにまとめてみる働き。

 立体視は、右眼と左眼が離れていることで、それぞれの眼の網膜に映った像の位置が異なるために、ものが立体的にみえる働きをいいます。

 深視力検査は両眼視機能の中でも立体視のチェックします。

--------------------

 近視・遠視・乱視の場合でも、視力矯正によって、精密な立体視が可能となります。

 片眼の視力が著しく低下していたり、強い斜視や輻輳の場合は、正確な立体視が難しくなるようです。

 また両眼視機能は、眼と視力の発達と共に身につくそうです。

 6歳頃までに完成するとされています。

 ですから乳幼児期に斜視や弱視があると、両眼視機能が十分に発達しないこともあります。

 普段からお子さんを観察しておきましょう。

 ・物をみるとき、首をかたむけたり、目を細めたり、横目でみていないか。
 ・斜視はないか。
 ・片眼をおおうと、どちらかがみにくくないか。
 ・色の使い方がおかしくないか。


 不安があれば、眼科医に相談しましょう。

 眼と脳はとても密接な関係にあります。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。