スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の目

 猫の目の不思議なところは、瞳孔の形がくるくると変わるところです。

 これは、光を最大限に利用するため。

 猫やキツネなどの夜行性動物は、縦長のスリット状の瞳孔をしています。

 暗いところでは丸い形、明るいところでは針状。

 ちなみに、ウシ・ヤギ・ヒツジなどの昼間活動する動物は、横長の瞳孔です。

--------------------

 活動する時間帯によって、網膜細胞の種類や量にも差がでるようです。

 猫では、光量を感知する "かん体細胞" が発達し、色を感知する "すい体細胞" は少ないようです。

 このため、猫は人間と比べて1/7の光量で十分なのですが、色の識別は難しいとされています。

 また視力はヒトの1/10程度ですが、動くものには敏感に反応します。

--------------------

 瞳孔の変化をみようと指を近づけたら、シャッ!と両脚で指をつかまれました。

 猫に "輻輳調節反射" のチェックは難しいようです。

 人間であれば、両眼球が内転(輻輳反射)して、縮瞳(調節反射)が起こるのですが…。

 う〜ん、残念。

 猫には、対光反射(暗いところで片側から瞳孔に光を当てると、両眼で縮瞳が起きる)が適切のようです。

 そういえば、獣医さんがやってましたっけ。


 


 


 




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。