スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師の退職

 久々にセミナーで東京に出て、驚いたこと…。

 RMIT大学時代にお世話になった先生が、今年の11月で退職されるそうである。

--------------------

 一番記憶に残っているのは、金曜日の外来クリニック。

 問診と検査が終わると、その結果をクリニシャンに報告します。

 しかし、新米インターンにとってクリニシャンへの報告は難関そのもの。

 問診で重要になるのが、痛みの出た時のエピソード。

 でも患者様は「なぜ痛みが出たのか覚えていない」場合が多いのです。

--------------------

 報告に行くと「なぜ、この患者さんは痛くなった?」と必ずクリニシャンから突っ込みが入ります。

 「覚えてないそうです。」と私が答えると

 「じゃ、何か! 痛みは空から降ってきたのかっ!!」とのお言葉。

 「…… 違います。」声が小さくなる私。

 「じゃ、何だっ!!」と更なる追い打ちが…。

 「…… 分かりません!」

 

 あっさり撃沈…。

--------------------

 来院する患者様の多くは、痛みが主訴になります。

 腰、膝、肩、頭…。

 患者様からいただいたメッセージは、そのまま鵜呑みにしてはいけません。

 「腰が痛いんです。背骨が曲がっているっていわれたんですけど。」と来た方が、殿部の筋肉痛だったり…と、場所の違いがあったりもするわけです。

--------------------

 痛みがでる「きっかけ」と「原因」は異なることがあります。

 カイロプラクティックでは、痛みの出る原因を検査によって特定し、患者様に説明します。

 臨床に携わって改めて思うのは、問診の重要性。

 主訴を知るだけでなく、痛みの場所やきっかけ・原因・物の考え方など、得られる情報が非常に多いからです。

--------------------

 先生にはテクニック・神経学・カンファレンス etc… 本当にいろいろ教えていただきました。

 すでに新天地も決定されているとのこと。

 何かのセミナーで偶然お会いできるのを期待したいと思います。


 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。