スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修善寺の黒米


 伊豆の修善寺では、黒米が栽培されています。

 黒米は古代から作られていた「もち米」の1種。

 収穫量がお米の3分の1程度で、手間もかかるので、大量生産はできません。

 糠の部分にカルシウム、鉄分、ビタビンB1、B2、E、蛋白質、ナイアシン、マグネシウムなどが豊富に含まれています。

 果皮部にはアントシアニン系の紫黒色素があります。

 完全に精米すると白色になり、栄養分もなくなってしまいますので、玄米のままいただきます。

--------------------

 「黒米」の原産地は中国。

 形はやや細長いインディカ米に近い感じ。

 炊飯器で、普段炊いているお米に混ぜて炊きます。

 お米と黒米の割合は、10対1くらいがベストのようです。

 炊飯器の中に洗米したお米を入れ、黒米を追加します。

 水はやや多め、浸水は1時間程。

 炊きあがったら、しゃもじでよく混ぜ合わせます。

 ご飯全体に、うすい桜色が拡がります。

 食感もモチモチとして、美味しくいただけます。


 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。