スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JACシンポジウム その1

 縁あって、11月22日・23日晴海グランドホテルで、JAC(日本カイロプラクターズ協会)のシンポジウムに参加することができました。

 セミナーのテーマは、「匠の技」。

 ワークショップの内容は以下のとおり。

 1.「カイロプラクティック機能神経学」吉沢公二先生
 2.「コアコンディショニング」岩崎由純先生
 3.「スポーツ障害のマネジメント」宮川俊平先生
 4.「アプライド・キネシオロジー」中塚祐文先生
 5.「ガンステッド・カイロプラクティック」松久正先生
 6.「頚部感覚入力が及ぼす循環調節への影響」渡辺信博先生

--------------------

 ワークショップはもちろんですが、同期生と久々に再会したり、先輩の先生方とお話できたりと、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 自分なりに感じたことを数回にわたって書き留めておきたいと思います。


 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。