スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬至と柚子

 12月22日は冬至でした。

 南瓜や冬至がゆを食べたり、柚子湯に入ると風邪をひかないそうです。

 今年はなぜか、我が家は柚子の当たり年(?)。

 いただいた柚子が、なんとカゴ一杯。

 皆さん、お庭に柚子の木があるそうです。

 さすが、三島。

 …さて、どうしよう…。

----------

 まずは、ポン酢。

 ・柚子(2個程度)
 ・昆布(5cm角程度)
 ・鰹節(適当)
 ・醤油(適当)

 容器に昆布を敷いて、柚子は果汁と絞ったあとの皮も一緒に入れます。
 醤油を注いて、上から鰹節をかけ、1日置きます。
 柚子の皮、鰹節、昆布を取り出して、使います。
 多少日が経った方が、熟成してまろやかな感じ。
 お酒やみりんを加えて、煮切り醤油で作ってもよいかも。

 ぜひ、好みの味を見つけてください。

----------

 柚子胡椒も挑戦したいけど、時間が…。

 柚子胡椒(ウィキペディア)

 これも熟成が必要ですね。

----------

 去年から作っているのが、柚子の種の化粧水

 私はこの時期で、1年分作ってしまいます。

 我が家では、25度の焼酎。

 材料にこだわっても、高くありません。

 人によってはそのまま使うと、肌に合わなかったり、しみたりします。

 希釈したものから試してください。

 また、敏感肌の方はパッチテストなどをしてから使いましょう。

 冬は保湿用にグリセリンを加えたり、美肌水(尿素とグリセリンで手作りした化粧水)などと混ぜてもよいかもしれません。

 いろいろ試してみるのも、なかなか楽しいものです。

  柚子の種の化粧水 

 ぜひ、お試しください。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。