スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳家小三治師匠の「卵かけご飯」

 私が落語を好きになったのは、柳家小三治師匠の「卵かけご飯」がきっかけでした。

 テレビの笑点は観ますが、「落語」といわれると敷居の高さを感じていたようです。

--------------------

 落語は作られた時代で大きく2つに分けられます。

 江戸時代から明治時代に作られた古典落語と、それよりも新しい新作落語です。

 古典落語は、古文と同じで時代背景などを理解しておくことでより一層楽しめます。

--------------------

 調べてみると、柳家小三治師匠の「卵かけご飯」は新作落語ではなく、「枕」にあたるようです。

 落語では、本編の前にイントロ的な小話が語られ、これを「枕」というそうです。

 柳家小三治師匠は、この枕がとても面白いと評判。

 「落語は聴いてみたいけど、なんだか難しそう…。」という場合は、入門編としておすすめです。

 言葉だけで、その状況がイメージできます。

 ただし、これを聴くと卵かけご飯が無性に食べたくなります。

 NAETの卵治療の時は、お気を付けくださいませ。



柳家小三治トークショー 3 〜玉子かけ御飯

ソニーレコード

このアイテムの詳細を見る


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。