スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純米酒BOOK

 お花見でお酒といえば…。

 日本酒です。(私だけ?)

 美味しいお酒と肴があれば、花がなくても…。
 と、結局私は「花より団子」です。

----------

 先日、沼津で山本洋子さんのお話を聞く機会がありました。

 山本洋子さんは「純米酒BOOK」の著者。

 現在はフリーですが、以前は雑誌「オレンジページ」の編集者。

 ご自身がマクロビオティック生活を送っていることもあり、

「MACROBIOTIC START BOOK」や「素食がおいしい。」など

 心地いい暮らしがしたい (オレンジページムック)シリーズの編集長をされた経歴をお持ちです。

----------

 そんな彼女の持論が、

 「1日1人1合の純米酒を飲めば、減反が必要なくなる」

 というもの。

 これは少々極端かと思いましたが、「へ〜」と考えさせられる内容もあり、とても興味深いお話でした。

 私は日本人で、日本酒を飲むわりに、

 日本酒の知識はあまり持ち合わせていません。

 好きな日本酒を通して、食について考えてみることもよいかも知れないと思いました。

----------

 1日1合純米酒
 田んぼの未来を燗がえる

 お話の〆は、この言葉でした。

 キャッチな中に、微妙にオヤジギャグのセンスが…

 「お酒は飲むけど、日本酒はちょっと…。」

 という方に、おすすめの1冊です。

 「目からウロコ」かも知れません。


 


純米酒BOOK
山本洋子
グラフ社

このアイテムの詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。