スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

 世間では「1Q84 BOOK3」がニュースになっていますが…。

 私はやっと本屋で「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を手に入れて、読んでみました。

 1Q84人気のおかげで、昔の作品も特集を組んで、店頭に並んでいました。

----------

 1Q84を読んだ複数の方から、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を勧められました。

 1985年の作品ですから、25年前です。

 上下巻で約900ページ。

 結構なボリュームです。

 昔、ノルウェーの森は読んだのですが、あまり記憶に残っていません。

----------

 主人公の意識と無意識が、「ハードボイルド・ワンダーランド」と「世界の終り」として、同時並行で進んでいきます。

 イメージは、1人24(TWENTY FOUR)のような感じ。

 読み進めていくと、ピースが集まって全体が把握できるようになっています。

 私的にはとても面白かったです。

 結論も明確ではないのですが、読者が想像する余地が残された、余韻のあるものになっています。

 表現が独特で、音楽や食物・お酒、書物や時代背景などが効果的に作品の中にちりばめられています。

 これにより、多くの読者が同じイメージを共感できるようになっているのでしょうか…。

 読んでいると、なんとなく映像が浮かんできます。

 人種が違っても、共通のイメージを持つことができる感覚。

 世界中で村上春樹作品が読まれる要因は、そんな感覚にあるのかも知れません。

 河合隼雄氏の「心理療法入門」を読んだばかりだったので、いつになく、いろいろ考えてしまいました。

----------

 「1Q84 BOOK3 <10〜12月>」増田先生も早速読んでいるそうです。

 先日「読みました?」って聞くと、左手の指を3本折って、振っていました。

 とても面白いようです。

 増田先生ブログ「増田カイロプラクティックセンター近況レポート」

 増田先生は村上春樹の作品をたくさん読んでいますが、ハルキストではありません。

----------

 タイトルからすると
 ・BOOK1 <4〜 6月>
 ・BOOK2 <7〜 9月>
 ・BOOK3 <10〜12月>

 「なぜ、1〜3月はないのかな?」という疑問が…。

 もう1冊「BOOK0 <1〜 3月>」でも出るのかしら?

 そのへんは謎ですが、読者にすれば楽しみでしょうね。


 


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 新装版 (新潮文庫 む 5-4)
村上 春樹
新潮社

このアイテムの詳細を見る


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 新装版 (新潮文庫 む 5-5)
村上 春樹
新潮社

このアイテムの詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。