スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セージとソーセージ

 

 庭のセージ。

 調べてみると、正式名はサルビア・レウカンサ(Salvia leucantha Cavanilles)。

 アメジストセージ、メキシカンブッシュセージとも言われます。

 通常、夏〜秋にかけて花が咲きますが、庭のセージは春先からずっと咲いています。

 少々ボケ気味でしょうか。

----------

 抗酸化作用が強く、昔は薬草としても使われていたそうです。

 セージは肉の臭みを消します。

 豚肉と相性が良く、ソーセージの語源という説も。

 セージ(Wikipedia)

----------

 落合ハーブ園の方から、「フレッシュセージを刻んで肉に混ぜ、塩をして1晩置いてから焼くと美味しいですよ。」とアドバイスをいただきました。

 ひき肉にセージを混ぜて、棒状に整えて焼けば、ソーセージっぽくなるのかな?

 今度やってみようと思います。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。