スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書道


 書道のクラスに参加してきました。

 書道なんて…高校以来です。

-----------

 少し遅れて部屋に入ると…。

 参加者全員、先生の話を聞きながら、ず〜っと墨をスリスリ摺っています。

 ???

 このクラスでは、墨汁は一切使わないそうです。

 「早く摺った方がいいですよ〜。」

 と声をかけていただき、スリスリ仲間に入ります。

----------

 小学校の時、使っていたものの1.5倍ほどある、ゆったりと大きな硯を使って、水滴で水を少しずつ入れながら、ゆっくりと墨を摺ります。

 次第に香が良く、しっとりした墨ができていきます。

 ゆっくりと、同じリズムで墨を摺っていると、不思議に落ち着いていきます。

 ネットで調べると、なんと 墨すり機 というのもあります。

 でも、自分の手で摺るのがおすすめ。

----------
 
 今回のテーマは、木簡・竹簡。

 木や竹を削ったものに書かれた文字をお手本にしました。

 形というより、動きを想像して想像します。

 画や線をつなぐ見えない線を「気脈」というそうです。

 気脈の中に、形が成っていくというのが「書の原理」。

 気脈を身体で感じられたらいいな〜。

----------

 今回書いてみて思ったのは、墨や筆によって文字が変わってくるということ。

 本当に久々に書いたのですが、なかなか良い出来。

 まさに「自画自賛」です。

 書道が面白いというのも、目からウロコの体験。

 また参加してみようと思います。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。