スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ

 今年もインフルエンザが流行の兆しをみせています。

 今シーズンは3価ワクチンが主流。

 1本のワクチンに3種類の抗原が含まれています。

 ・新型インフルエンザ:A/カリフォルニア/7/2009(H1N1)pdm株
 ・季節性A香港型:A/ビクトリア/210/2009(H3N2)株
 ・季節性B型:B/ブリスベン/60/2008株

 国立感染症研究所感染症情報センターによれば、現在、警報レベル超と注意報レベル超の保健所地域は共に増加。

 感染者の内訳は、新型・A香港型・B型の順。

--------------------

 薬剤耐性のインフルエンザも、気になるところです。

 対応するためにインフルエンザの治療薬も増えていました。

 現在は、以下の4種類。

 ・タミフル
 ・リレンザ
 ・ラピアクタ
 ・イナビル

---------

 ラピアクタは、点滴。

 約15分・1回の治療で、タミフル5日分とほぼ同等の治療効果。

 ただし腎機能に問題がある方は、注意が必要です。

----------

 イナビルは、吸入薬。

 こちらも1回の治療でタミフル5日分と同等とされています。

----------

 一番良いのは、予防できること。

 万全な予防対策があればよいのですが…。

 ウイルスというのは厄介ですね。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。