スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカシカシパン→ヨツアナカシパン

 笑っていいとも増刊号を見ていると、中川翔子さんが「スカシカシパン」について語っているのを聞いて、なんだか心を惹かれました。

 ということで検索。

 「スカシカシパン」(Wikipedia)

 「ん?この画像だと、形がよくわからないな〜。」

 と思い、ここからさらにリンク。

 スカシカシパン(国土交通省九州地方整備局下関港湾空港技術調査事務所 九州水辺の生きものたち図鑑)

 「え?これ、なんだか見たことがある!」

 と思い、さらに検索。

 茨木高校の博物学標本

 棘皮動物の中に
 ・スカシカシパン
 ・タコノマクラ
 ・ヨツアナカシパン
 ・ハスノハカシパン
 ・アカヒトデ
 ・単体サンゴ

----------

 見つけました

 昔、海で拾った貝殻の中。

 記憶に残る、桜の花びらのような放射型の模様。

 あの貝殻は「ヨツアナカシパン」だったのです。

 しょこたんのおかげで、長年の疑問が解決。
 ちょっと幸せな気分になりました。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。