スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトさん

 3本のトマトさん。


 1本は立ち枯れ。


 う〜ん、残念…。


 2本のうち、1本がかなり元気で、モサモサに。


 


 本で呼んだとおり、下の方の枝を少々間引いてみたのですが…。


 これが、お師匠さんからダメだしを受けました。


 「下の方が大事なんだよ。」


 (って「早く教えてください〜!」>師匠)


----------


 そして、さらに衝撃的なお話が。


 「これはF1だから、挿しときゃ良かったんだよ。」


 え? ということは、苗の代わりになるってことですか


 凄すぎます、トマト!!


----------


 野菜に表示されている「F1」は、First Filial generation、「雑種の1代目」にあたります。


 「メンデルの法則」で習いましたね、確か…。


 優性の法則でしたっけ…


 違う品種のものを交配したF1は、一般的に両親の良い部分が受け継がれており、挿し木にも適しているそうです。


 とりわけ、1つめの実から下の芽は根つきが良いそうで…。


 次回は必ずやってみようと思います。


----------


 さらに、お師匠さん情報。


 「トマトの芽は、天ぷらにするとタラの芽より "うみゃ〜" (美味い)よ


 ほえ〜 そうなんですか。


 


 


 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。