スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『一杯のスープをつくる時間』by REFS

 先日、沼津にあるREFS(レフズ)さん主催の『一杯のスープをつくる時間』に参加させていただきました。


 今回はファイナル。


 最高のスープを飲むために、器をつくる木を切る過程からスタートした長期体験型イベント。


 


 昨年の12月に伐採された木は、半年をかけて器になりました。


 器づくりには参加できませんでしたが、ラッキーな事に器を貸していただきました。


 両手にすっぽりと収まる、ホッとする形。


 


 スープの中には、天城軍鶏。


 めずらしい猪のローストも一品として並びます。


 aiaiのシェフがテーブルを回ってお話してくれました。


----------


 軍鶏は、なかなか骨から肉が離れなかった。


 猪もそのままだと肉が硬いから、料理する少し前に、天然の塩麹を使った。


 本来、肉は ”固く、噛めば味が出る” もの。


 柔らかい肉は1頭のなかでも、ほんのわずかしか取れない。


 ということは、その辺で食べられる「安くて柔らかいお肉」というのは、人工的に柔らかくしている可能性が高いということです。


-----------


 聞いていて、この言葉を思い出しました。


 "You are what you eat."


 「あなたの身体は、あなたが食べた物や飲んだ物以外からは、何ひとつ作られません。」


 ロジャー・ウィリアムス博士の言葉です。


 約2時間ほどの会でしたが、味わうという体験を通して、いろいろな気づきをいただきました。


 ありがとうございます。


 


 


 


 


 


 


 


 ・


 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。