スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅行記「9月25日(日)」

9月25日(日)【12日め】

明日は朝早くウッタルカシを出発します。

先日、アーナンダジから「明日は地元の町を散策しましょう。」という提案をいただきました。

瞑想後、久々に靴を履き、お出かけ。

6時30分に出発した私達を追いかけるように、朝日が差します。

20110925_3.jpg

充分暑いのですが、田んぼはもう秋。

20110925_4.jpg

稲の刈り入れは終わっていました。

脱穀は、足で行います。

20110925_5.jpg

木につかまりながら、両足の裏を器用に使って、穂を揉みます。

男性より女性の方が上手にみえました。

20110925_1.jpg

水車で動かす石臼も、インドでは現役バリバリです。

----------

インドの牛は、皆とてもスマートです。

20110925_2.jpg

牛舎も広く、散歩もします。

表情が豊かで、今にも喋り出しそうです。

----------

帰ってきて、入り口を撮りました。

20110925_6.jpg

こちらのアシュラムは、病院も併設しています。

10日間過ごしましたが、水でお腹が下るということもありませんでした。

水道には地下からの沸き水を利用しています。

シャワーや歯磨きなども、問題なし。

(水やお湯が出ないことはありましたがね〜。^^;)

食堂には浄水器も設置されており、飲料水はそちらを利用できます。

----------

明日は朝早いので、午後から「お別れの会」を開いていただきました。

今回の感想を一人ずつ順番に発表。

話している最中に泣いてしまった私に、プレマナンダジのお言葉。

「人生に必要なのは、『笑顔』&『笑い』&『ジョーク』!」

本当ですね。

胸に刻んでおきます。

----------

この会の後、プレマナンダジに会ったら、私の泣き真似をニコニコ顔でしてくれました。

怒ったふりをしたら、お腹を触らせてくれました。

見たところ、おなか周りは豊かなはずのですが、触ってみると何もない…???

「腹(裏)がない」ってことなのでしょうか。

この方の屈託の無い子供のような笑顔に、何度癒されたことでしょう。

(-人-)〜☆☆☆

----------

最後の夜、サットサンガに来ていた高校生が3人でヘナペイントをしてくれました。

20110925_8.jpg

片言の英語で会話します。

示指から手首に伸びているのは「植物」。

「丸いのは何?」と聞くと、「お菓子〜!」と言って大笑いされました。

なぜお菓子を描いてくれたのか…?

疑問は残りつつも就寝。

ヘナが乾くまで我慢するように伝えられたので、左手をベットの外に出して寝ます。

消えるまでに2週間くらいかかるそうです。

荷物にならないお土産に、感謝!感謝!!


(-.-)〜zzz
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。