スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドのトイレ事情

 ちょっと前の話になりますが…。

 インドのトイレ事情について。

 私がインドに興味を持ったのは、妹尾河童さんの本がきっかけでした。

 
河童が覗いたインド (新潮文庫)河童が覗いたインド (新潮文庫)
(1991/03)
妹尾 河童

商品詳細を見る


----------

 その影響?

 インドのトイレを3つも撮っていました。φ(@_@)

 【列車のトイレ】
 トイレ3

 【アシュラムのトイレ(洋式)】
 トイレ1
 便器の後ろ側には、自分で水栓をひねる「手動ウォシュレット」。
 使い心地は、微妙…。

 【アシュラムのトイレ(和式)】
トイレ2

 基本はカップに水を汲んで、左手(不浄の手)で洗い流します。

 インディアンは自然乾燥。

 トイレットペーパーは使いません。

 水は貴重なので、水流も弱いです。

 ペーパーを流すと、詰まってしまうほど。

 トイレ1つとっても「本当に日本は恵まれているな〜。」と気付かされました。


 おしまい。


 (^^;)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

facebook
プロフィール

chirouno

Author:chirouno
山本 彩世
カイロ・ウノ専属カイロプラクターです。
宇之助室長の代理をつとめさせていただいております。
ボディートーク(BodyTalk)のセッションもお試しください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
since 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。